TOP PAGE
 
 
筋肉疲労 腰痛 背痛 肩こり 首こり 眼精疲労 慢性疲労 倦怠感 無気力 冷え性 むくみ ストレス
不眠症 咳・のど・胸の痛み 悪寒 風邪の初期症状 頭痛 めまい 肥満 イライラ 憂鬱・不安症 自律神経失調症 うつ・精神疾患 便秘
肌荒れ 疲れ顔 くすみ 抜け毛・髪のぱさつき 生理不順 PMS 更年期障害 ED・男性機能障害 性欲減退 不妊 子供の健康 高血圧症
膠原病 腹水 病中病後療養                  
 
 
CLINICAL APPROACH
不眠症
 
TTMA
 
 
■不眠症
 

睡眠時間の最適な長さは人によって違います。また、同じ人でも体調や生活パターンによって変化します。一日に何時間寝なければならないという、決まった理想的な睡眠時間があるわけではありません。5時間睡眠で元気に過ごす人もいれば、8時間は寝ないと朝すっきりと起きられない人もいます。ナポレオンは1日3時間しか寝なかったと語られていますが、一方で、昼間に馬の上でよく居眠りをしていたという話もあります。

成人の5人に1人が不眠症と言われています。通常の時間に寝ているのに、満足感のある睡眠が得られないこと。日中に身体がしんどい、仕事がはかどらない、いらいらするなど・・日常生活に支障をきたす疾患のことです。

東洋医学で一日のサイクルを見ると、昼間が「陽」で夜間が「陰」です。昼間は陽気が盛んになって「意識」が清らかではっきりしていて、あまり眠くはなりません。逆に夜間は陰気が盛んになって「意識」が安らかに静まり、眠くなります。

このように体内での陰陽のバランスが調っていれば、夜が更けると自然に眠くなり、ぐっすりと眠れます。しかし、何らかの理由でこの陰陽バランスが乱れると、夜遅くなっても眠れなくなります。大事なのは「意識」の興奮・鎮静が、昼夜という自然の流れとともにあるかどうかです。

更にストレスや疲れがたまると、自律神経のバランスがくずれ、交感神経(活動モードの時に働く神経)が副交感神経(リラックスモードの時に働く神経)にうまく切りかわらず、常に身体が活動状態になり眠りに入りにくくなります。

「意識」は五臓の心(しん)がつかさどると考えます。このことを、「心は神志(しんし)をつかさどる」といいます。「意識」が安らかに静まるべき夜間に神志が乱されると、不眠が生じます。精神情緒をつかさどる五臓の肝(かん)の機能が乱れて不眠が発生する場合もあります。「行い正しければ眠り安らかなり」という言葉もあります。確かにその通りでしょうが、生活習慣や行動のリズムが正しくても眠れない夜もあります。そういうことが続くようなら、五臓の心や肝の機能を安定させ、「意識」のレベルを自然な状態に近づけるといいでしょう。

タイ伝統医学においては、「心」と「肝」に対するアプローチを中心に施術を行います。多くのクライアントが施術後にゆっくり眠れたという感想を寄せていただいております。

 
 
 
 
 
 
 
 
→症状一覧のページ
 
無料ヘルスチェック
 
 
 
今すぐ予約する
 
 
Copyright(C) Godhands by Hedaling Therapy Development Co.,LTD. 2016